須坂市の頼れるホームドクター

暑中お見舞い申し上げます。

須坂市も連日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

当内科医院にも暑さのためか体調不良を訴える患者様が増えています。

水分、塩分、ミネラル補給や睡眠をよくとるなどの基本的な対処法に加えて、漢方薬にも夏ばてに効く薬剤がいくつかあるんです。

栄養を補う生薬の代表である「人参」を中心としたもので、胃腸機能を高める生薬や気の巡りを良くする生薬、血液の流れを良くする生薬、熱を冷まし潤す生薬など様々なものを組み合わせた漢方です。

この時期の1番有名なものとしては「清暑益気湯せいしょえっきとう」です。

ほてり感、口渇などを良くしてくれる生薬が入っています。炎天下での作業、下痢しやすく乾きやすい時などに効果的です。

他には、

  1. 倦怠感、手足のだるさや日頃から虚弱な方は「捕虫益気湯ほちゅうえっきとう」
  2. 胃の痛みを伴う場合は機能性ディスペプシアに効果の認められている「六君子湯りっくんしとう」
  3. 冷え性で冷房による下痢や貧血などあれば「人参栄養湯にんじんえいようとう」
  4. 夏ばてが長引いて栄養不足になったり、産後、授乳期の栄養不足などは「十全大補湯じゅうぜんたいほとう」

今年は、漢方も利用してみてはいかがでしょうか。