須坂市の頼れるホームドクター

インフルエンザを予防するために。 須坂市山口内科医院

こんにちは。山口内科医院です。長野県内でもインフルエンザ流行期に入りました。今のところ佐久、上田地域が多いようですが、これから須坂市でのインフルエンザ流行も考えられます。

予防としてはまず、重症化しないためにワクチン接種をお勧めしますが、インフルエンザウイルスが体内に入ってくることはワクチンでは予防できません。

そのため、まずはウイルスを近づけないように心がけることが大切です。

①人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザの主な感染経路はくしゃみ、咳のような飛沫感染のため、インフルエンザが流行してきたら出来るだけ人混みへの外出は避けましょう。やむを得ず外出をする場合には使い捨ての不織布マスクを装着し防御しましょう。

②外出後の手洗い、うがい

インフルエンザに限らず、感染症全体の予防になります。

③適度な湿度の保持

空気の乾燥で口腔粘膜の防御機能が低下します。この時期は室内でも乾燥が激しいので加湿器などで55%以上の湿度を保つように心がけましょう。

④十分な休養と栄養摂取

体内の抵抗力を保つために十分な休養とバランスの取れた食事を摂りましょう。

⑤歯磨き

インフルエンザウイルスは「ノイラミニダーゼ」という酵素を介して増殖します。口腔内の雑菌もこの酵素を出しており、歯磨きで口腔内雑菌の数を減らすことでインフルエンザの感染を抑えられる可能性があります。口腔内の常在菌を一定に保つためにも歯磨きが効果的であり、他の風邪症状を起こす感染症も同様に抑制効果が期待できます。